十五夜お月様と星の話

今日は仲秋の名月。
一年のうちで月が最も明るく、美しく見える時だそうです。
あいにくのお天気で月は見えないですが、明日は晴れそうなので、ちょっと欠けた明るい月が見られるかもしれません。

月が満月で明るく大きい夜にしみじみ月を見てみると、ほんとにウサギがもちつきをしているように見えます。
あの月の模様は面白いですね。

月は地球レベルの惑星の衛星としてはかなり大きいそうです。
太古の昔から、人間は月を見上げてその神秘に心をひかれていたのだと思います。
月が明るい夜には、本当に月明かりでものがぼおっと見える時もあります。
うちのあたりは中途半端に田舎で都会なので、天体に関しては、月と、3等星ぐらいまでの星しか見えません。
だから、月の存在感は大きいです。
秋はゆっくり美しい月を眺めたいですね。