今日は中秋の名月だった

子供が大きくなるにつれ、季節の行事がなおざりになってきました。
小さな子供がいないとこどもの日や七夕は楽しく感じず、結局何もせず何となくその日が過ぎていきます。

そういえば今日は十五夜のようです。
それを知ったのはスーパーのチラシだったりします。
それくらい毎日何も考えず過ごしているということでしょうか。

子供が小さい頃は、道端で採ってきたススキと適当に作った団子を縁側に並べたりしてちょっとだけお月見っぽいことをしていました。

ここ数年は何にもしません。
お月見の意味さえ忘れてしまっています。
こういうことって親から子供へ伝えていくべきことですよね、きっと。
うちの子たちは少しは覚えているかなぁ。

年々いろんなことを省くようになって、今は必要最低限のことしかしていないかもしれません。
たまには面倒くさがらずに何かしてみようかな・・・とちょっとだけ思いました。

残念ながら今年の中秋の名月は曇っていて見られませんでした。