オリオンを待っています

うちの近辺は中途半端な都会で、夜は半端に明るいので、星というと3等星ぐらいまでしか見えません。
だから、メジャーな星座しか特定できないのですが、ちゃんと見ればそれなりにいろいろ見つけられると思います。

でも、星が大好きだった子供のころからずいぶん時間がたってしまい、今は、夏は蚊に刺されるから嫌だし、冬は寒いから長く外にいられないしで、しっかり星を見上げるということがなくなってしまいました。

そんな私でも、ちょっと上を見上げればすぐに分かるのがオリオン座です。
冬の澄んだ空気の中で、煌煌と輝いています。
ちょっと目を横に向けるとプレアデス星団も見られます。
子供のころ、オリオン青雲に望遠鏡を向けて、ぼんやりした青雲を見ていたことを思い出します。

あのころは寒いなんて思わなかったなあ。
子供のころ、そんなにもオリオン座は魅力的でした。